3月定例会(3月10日開催)の御報告

「自分を見つめる」をテーマとし、代表である私、宮本が進行しました。

第一部は4人~5人グループ。掲げたテーマについて約10分間、まずは一言も話さずに自分の答えを紙に書いてもらいました。

《あなたにとって、今、大切な人は?》

参加者は患者、家族、遺族、医療者など様々ですが・・・その人が自分にとってどういう存在なのかを文字で綴り、その後グループメンバーに、その人への思いが伝わるように言語化。
その際、「大切な方の人格を丁寧な言葉で説明して下さいね」という私の言葉に少し緊張された方もいらっしゃったようですが・・話し始めると回答の奥に人の歴史が見え隠れし、深い話へと道は続きます。

残り2つのテーマにも向き合って頂いた第一部、参加者からは「普段は話題にしないことを深く考えた」と好評でした。
もちろん第二部全体交流会も盛り上がりました

歩いている自分の姿をきちんと見つめ、その上で「この先、どう生きるのか」を考える・・・そんな所に繋がることを祈っての3月定例会でした。