2017年11月定例会報告
 
11月11日(土)船戸クリニック院長 船戸崇史先生にお越し頂きました。
    『本当に がんに克つ方法とは』

特に生活習慣の見直しの大切さを話して下さった船戸先生の講演(90分)に皆が聞き入りました。しかし、「大切なことは、本当の自分はいったい何をしたいのか・・・その答えを持つ事だ」というメッセージも、きちんと先生から受け取りました。
 
講演会の後の交流会で聴かれた、一人の女性の言葉・・・
本当に大事なものは「日々の暮らし」とか「家族との結び付き」などシンプルなことが一番だと、がんになってから思うようになりました。病気になったことは辛くて不安ですが、見落としていた大切なものに病気によって気づけたということは、決してマイナスの部分だけではなかったように思います。

今年になって参加されるようになった女性ですが、彼女の中で<何か>が変りつつあることを感じます。

人は様々な場で自分を見つめ、成長していく。辛い経験は人を優しくし、その人の発する言葉は温かい力を持って人に伝わっていく・・・そんな空気を感じた会場でした。

来月は12月9日(土)13:30~兵庫県民会館1202号室です。

2017年11月ゆずりは定例会
2017年11月ゆずりは定例会
2017年11月ゆずりは定例会